2019年12月 本協会加盟プロダクションの強要問題における報告書

ロータスグループ元社員の判決からの一年の歩み

AVプロダクション「ロータスグループ」の元社員が2018年4月11日に逮捕され、2018年12月25日に東京地裁にて有罪判決が下りましたが、判決から1年が経過いたしましたので、一つの区切りとしてその後の経緯をご報告いたします。
当該プロダクションはすでに解散しており、2018年12月時点においては、本件当該者が代表取締役となった別会社が当協会理事にとなっておりました。しかしながら、社会への影響を鑑みて、当協会といたしましては、当該別会社の理事法人退任の申し出を受け入れることとし、同時に、今一度この判決を厳粛に受け止め、さらなる業界改善に邁進したいと努力してまいりました。
2019年に入ってからは、業界各団体との協力体制のもと、業界で働く女優の地位向上や労働環境の改善に取り組んできたほか、無修正動画業者の追放、性感染症検査のガイドライン作成、エイズ学会での取り組みの発表など、微力ではございますが様々な活動をして参りました。
今後とも一層、AV業界の健全化に尽力することをお約束いたします。